グローバルなVoIPソリューション

IP電話で利用されているシグナル送信の手法に、1997年にITU-Tが勧告したH323がありますが、最近はテレビ会議なども実装されてきています。また、VoIPについてですが、こちらの方はインターネットプロトコルを使用して音声を配信する方法が主要なものとなってきた現在、なかなかメジャーな言葉になってきました。

PSTNの伝統的な回路プロトコルと比較すると、このVoIPソリューションというのは、個別のパケットに対して、デジタル形式で音声を配信することを意味しています。このVoIPシステムによって、サービスプロバイダーは次のようなソリューションを顧客に提供することが可能になるのです。

  • IPアドレスのボイスメール
  • ユニファイドメッセージング
  • IPファックス
  • IPセントレックス機能
  • PC発信側が電話機に
このシステムによって、ISPは、現在のPSTN市場からの新たな市場シェアを競うことができ、さらに通信事業者やネットワークオペレータは、コスト削減や新しいサービス、さらに自社のビジネスを行うための新しい方法を提供することができきるようになるのです。

リアルタイムプロトコル(RTP)はパケットがタイムリーに送信できるようにするために使用していますが、このVoIPを使用して、企業はゲートウェイでの「VoIPデバイス」を配置できるようになります。企業内のユーザからの音声伝送をパケット化して受信し、イントラネットやTキャリアシステム、またはEキャリアインターフェイスを使用してそれらを送信する総合的なネットワークシステムです。

例をあげると、まず、顧客は従来の電話を使用して通話を開始します。次に、PSTNとパケットベースのIPネットワーク間でコールが行われます。すぐにゲートウェイが呼び出しを受け取ると、それは課金、認証、または認証に関する情報を提供するゲートキーパーデバイスを問う通話に入ります。すぐにゲートキーパーがゲートウェイに情報を提供してきましたように、別のゲートウェイにIPネットワークを介して受信側でローカルPSTNコールを完了してコールオフにします。

このIPテレフォンは、主に3つのプロトコル、H.323、SIP、およびMGCPによって提供しています。呼だし制御プロトコルとして、H.323は、ほとんどのPCテレフォニークライアントデバイスおよびゲートウェイ統合PBXなどにおいて可能です。

私たちが、インターネットする際には、これらのシステムについての知識や理解は必要ありませんが、もし、インターネット回線プロバイダを比較する際には、ご検討されてみてはいかがかと思います。

【オススメ☆情報】
格安レンタルサーバー
異なるIPアドレスのサーバーを複数契約するなら、格安レンタルサーバーを複数借りるのが低コストです。