楽天の携帯キャリア算入でiPhoneを扱えるのか?

楽天が携帯キャリアに算入することを発表しましたが、果たしてうまくいくのでしょうか?

楽天の株価はここのところ低迷しており、まだ底が見えない状況になっており、2015年には2300円の高値を付けたものの、現在は770円前後となっております。

僕の場合、個人、個人事業、法人とそれぞれに銀行口座を楽天で保有しており、証券会社も楽天、クレジットカードも楽天を利用しています。また、最近では電子書籍で楽天コボを利用することが多くなってきました。

そのため、楽天が携帯キャリアに算入するのであれば、楽天ポイントなどの相乗効果もありますし、ソフトバンクから乗り換える余地は十分にあるのですが、問題は「iPhone」を扱えるかどうかにかかっているものと思います。

今やソフトバンクは世界的な企業となり、孫さんは日本を代表する経営者になりましたが、その転機は日本で「iPhone」を扱ったことがとても大きかったものと思います。楽天も「iPhone」を扱えるのであれば、携帯キャリア参入もうまくいくと思いますが、もしアップルから断られれば、失敗に終わるのではないでしょうか。

iPhoneはある程度の台数を販売できなければ扱えないと言われていますので、アップル次第な感もいなめません。

また、各社から格安の料金プランが出てきておりますので、以前までと比べると通信サービスでのうまみは少なくなってきた気もします。

2019年10月のスタートとのことですが、楽天がiPhoneを扱えるのかどうかがカギになると思いますので、その見込みが立った時点で株でも購入してみようかなと考えています。

このブログ記事について

このページは、tomutinが2018年4月21日 09:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「税務処理におけるネットとIT、AIの融合が活発化」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。