インターネットの回線速度について

インターネットの速度をはやくして快適化するには、主に3段階のチェック方法がある。

そのひとつは回線をよりはやいものにかえることだが、光回線やISDN,マンションタイプや一戸建てタイプなどいろいろな種類が用意されており、プロバイダーとか、通信事業者によってたくさんのサービスが展開されている。
ただ、このインターネット回線をかえるのは容易ではない。
場合によっては回線開通までに時間がかかるだろうし、一時的にインターネットにつながらないケースも多い。
また、失敗したと思った際に、元にもどそうとしても、これまた、簡単にもどせるわけではない。
なので、なるべくなら、今あるインターネット環境を維持したまま、快適さを追及するのが現実的だ。

では、回線以外に速くする方法はというと、やはり、パソコン本体のスペックを変えることではないかと思う。
個人的には、この方法が一番現実的なインターネットを速くする方法だと思う。
CPU、メモリ、ビデオカードなど、最新の機種にかえるだけでもかなり快適になるケースも多い。
特に、最近のブラウザのなかでは、キャッシュなどで大量のメモリをくうことが多いものだが、なるべくメモリやCPUのスペックは高機能なものを使っておくべきかと思う。
ビデオカードなどものスペックが低かったとしたら、デジタルからアナログへ切り替えてみるのもいいかもしれない。
デジタルでもアナログでも、たいていの人はその違いを見分けられる人はほぼいないのが実際ではないかと思う。

その次はというと、ブラウザなどのソフトの部分だが、基本的に、セキュリティー関連とブラウザのソフトによる影響が大きいように思う。
ブラウザで一番快適に感じるのはグーグルのクロムだが、付属機能に関しては多少物足りない印象も受ける。
ファイアーフォックスなども便利だが、多少メモリをくう傾向にあるかと思う。
IEはぶなんなチョイスかと思うが、かといって、おすすめできるものではない。
基本的にどれを選んでも同じようなものかと思うが、あえて選択するのなら、ファイアーフォックスが一番いいのではないだろうか。
また、セキュリティーツールに関しては、入れたら重たくなるのはしょうがない。
できるだけ、評判が悪いのはさけ、口コミ情報でいい評価がされているものを選びたいものだ。

インターネットをはじめたての場合、漠然とお小遣い稼ぎをしてみようと思う人も多いかと思いますが、そうそう簡単に稼げるわけではありません。
もし稼げるとしたら、よほどのアイデアマンか、もしくは、仕事で営業成績などもよく、マーケティングの知識がすでにある人だろうと思います。
それでは、ネットの初心者は、ブログやホームページで稼ぐことはできないのかというと、そうでもなく、通常の仕事で集客するのと比較すると、かなりハードルは低いものと思います。
ひとつのテーマについてのサイトを作成して、そればかりをアフィリエイトしていたら、かなりの確率でアルバイト程度の収入は入ってくることでしょう。

すでに稼いでいる人がいるから、今からやっても遅いのでは?という人もいるかと思いますが、稼げるキーワードというのは、数万ぐらいはあるはずだと思います。
そのそれぞれのキーワードで稼いでいる人なんていませんし、たいていは10ぐらいのキーワードで上位表示されていて、アフィリエイト収入などで稼いでいるというパターンかと思います。
また、その数万あるキーワードのそれぞれで、1位?10位までのサイトは1ページ目に表示されるので、自分に向いていそうなキーワードを選択してそれでサイトを作成すればいいのではないかと思うのです。

ただ、それでも、どうしても、ホームページやブログの作成技術のいうものは必要になりますし、HTMLやSEO対策の知識も必要になるかと思うのです。
できるだけ、こつこつと習得していくことをおすすめします。
オンライン上でビジネスを展開する場合、集客方法をどうするのかという課題があります。
これは何もオンラインに限った話ではなく、オフライン上でも同じように集客は大切なわけですが、待っているだけではお客様は来てはもらえるはずもなく、やはり広告を出すということが必要になるわけです。

実店舗でのオフライン上には、折込広告やちらし配布といった集客手段がありますが、オンライン上でそれにあたるのはリスティング広告といっていいかもしれません。

リスティング広告というのは、検索エンジンの検索結果に表示される広告のことを指していますが、1クリックいくらといった単価で入札(リスティング)することによってアクセスを集める方法のことを指しています。
広告を出稿する手段としては、他にもアフィリエイト広告や月極め広告などいろいろありますが、このリスティング広告の場合は、検索したキーワードによって表示させるかどうかを決定できるので、比較的効果が高いといわれております。

けれども、リスティング広告を利用する際は、キーワード選びやコンバージョンの測定、あるいはランディングページとの最適化など、効率的な集客を可能にするための知識が必要になってきます。
マーケティングやSEMといった分野のスキルが求められることになるわけですが、競合相手の有無によって大きく費用も違ってきますので、これは折り込み広告やちらしなどとはまた違ったノウハウとなることでしょう。

この集客方法で、比較的、費用対効果を高く集客できるのは、ニッチな分野でのインターネットビジネスを展開している企業ではないかと思われます。
競合相手がいないような市場であれば、1クリック10円程度から集客することが可能になりますので、それほど大きな負担とはならないはずだからです。

一方で、競合相手が多い場合は、入札単価が高額化していく傾向があります。
入札しているうちに、費用がどんどんかさんでいくというケースも多いかもしれません。
いずれにしても、実際に費用に対するコンバージョン率を計測してみないとわからない点も多いかと思われます。

10年ひと昔といいますが、ネットに限って言えば1年でガラリと環境が変わってしまうものです。常に最新の情報に接していないと、ビジネスチャンスを逃してしまうことにもなりかねません。特に、最近はインターネットへの接続環境も多様化してきており、端末自体に大きな変化が出てきてます。

以前でしたら、ネットにつながる環境はPCやノートパソコンが多かったわけですが、タブレット端末やスマートフォンの出現により、接続環境も大きく変化しつつあります。

デスクトップPCは起動するまでの時間が長く、何かとわずらわしいわけですので、ベットやリビングでのちょっとしたサイトの閲覧程度でしたら、タブレットやスマホを利用する方が多くなっているのが最近のトレンドといえます。

もちろん、デスクトップ型のパソコンが必要なくなってきているというわけではなく、仕事で小型端末を使用するにはまったく歯が立たないわけですので、これからもデスクトップタイプが職場での主流であることには変わりありません。

けれども、スマートフォンの高性能化により、メール対応やサイトの閲覧程度でしたら十分に機能するわけですので、ライトユーザーにとってはスマホの方が使い勝手がよいといえるでしょう。

ここで最も重要なのは、「商品の購入の際に選択される端末はどれか?」ということです。

ショッピングではクレジットカードの入力も必要になるわけですので、携帯やタブレット経由でカード情報を入力するのは抵抗のある方も多いのではないかと思います。加えて、住所や氏名などの個人情報の入力につきましても、スマホで入力するよりも、デスクトップキーボードからの入力の方がはるかにやりやすいはずです。

この点、ちょっとしたサイトの閲覧にはスマホやタブレット端末を利用し、ショッピングの際にはデスクトップからという方も多いかもしれません。いずれにしても、今後は急速にスマートフォン経由でのアクセスが多くなってくると思われますので、ウェブサイトを運営されている方はモバイル対応をしておくことをおすすめします。

効率的なアフィリエイト方法

ネットで稼ぐ方法についてはアフィリエイトを利用する人が大半かと思いますが、一言でアフィリエイトといっても、さまざまな種類のものが存在するわけです。
アドセンスのようなクリック報酬タイプのものや月極め広告的なもの、あるいは有料記事による課金設定などがありますが、個人的には成果報酬のアフィリエイトが一番効率的に稼げると考えています。

具体的な成果報酬のアフィリエイトには、例えば、このような感じのASPがあります。
https://affiliate.blog-tips.net/tips/seika-housyuu.html

なぜ、このような成果報酬のアフィリエイトがネットで稼ぐのに効率的なのかというと、成果の発生する率をかなり高いところまで改善できる点にあると感じてます。

通常のクリック報酬の場合、アクセス数に加えてクリック率が高くなければ、それほど大きな成果は期待できないわけですが、このクリック率は表示される広告のコンテンツマッチ精度に関連してくるわけです。
ただ、この精度については、機械化され、自動化されているわけですので、ある程度の限界があり、それほど高くまでは上がらない傾向にあるわけです。

一方で成果報酬の場合、自分で表示する広告を選択できるので、コンテンツマッチ精度についての限界はありません。
限りなく高いところまで持っていけるわけです。
その結果として、成果の発生する確率、あるいは成約率などが高くなりますので、最終的には少ないアクセス数でも頻繁に報酬が発生するというケースが多いわけです。
また、報酬額についても高めのものが多いです。

多数のアクセスを呼び込んで、低い確率で少ない報酬を得るのと比較するとはるかに効率がよいということがいえるのではないでしょうか。

インターネットでの株取引

最近、インターネットでの株取引はじめてみたのですが、タイミング的にはそれほどよくはないのかもしれませんね。
世界経済が上向き調子のときは、それほど株価が下がるということもないはずですので、わりとネットで稼ぐことも可能だったのかもしれません。
FXなどについても、10年ぐらい前は130円程度はあったはずですので、現在が80円程度とすると、かなりさがったことになるのかもしれません。

ただ、株の場合は経済が上向きに転じた頃にはじめるのがいいというのがなんとなくわかるのですが、FXの場合は相対的なものですので、このあたりは判断が難しいところになるのかもしれません。

実際、日本経済にどのくらいの実力があるのかということについて考えれば、現在のような円高はちょっと不自然な気もするのです。
雇用環境も悪いですし、今後は老人だらけの国になるわけですので、日本の生産力が落ち、経済がよくなっていくという見通しはあまりないような気がいたします。

なので、円の価値が下がって円安に進むのではないかなーって気もするんですが、それ以上にアメリカ経済の先行きがあやしいという点も考慮にいれると、現在のような円高というのは、案外、不思議ではないのかもしれません。
アメリカ経済はデフォルトになるかならないかでピーピーいっているような状態のなか、比較的、日本はある程度の時間がまだ残されているような気もしているわけです。

そのような世界経済が下落傾向にあるなか、インターネットでの株取引をはじめてしまったのですが、多少損をするぐらいの気持ちでやってみようかなと思ってます。
ひと昔まえなら、株式取引をやっている人は資産家か企業の創業者か、いずれにしてもかなりの資金を保有している人しかやっていなかったと思いますが、最近ではネット証券が出てきましたので、一般の個人でも気軽に株式投資ができるような環境が整ってきました。

けれども、個人の人が株式投資をする際は、おそらくマネーゲームといった意味合いが大部分を占めているものかと思います。
投資という意味合いには、その企業、ないしは事業の将来性に期待して、その一翼を担うというニュアンスが含まれているものですが、マネーゲームというのは、お小遣い稼ぎというふいんきが多分にあるものです。

株式投資をしている人で、その業界の将来を支えるという気持ちでやっている人はそれほど多くはないのかもしれません。
つまりは、富の奪い合いということになるのではないでしょうか。
決して個人による株取引を批判しているわけではなく、つまりはネット証券会社なるものが利用できることになって、みんなが参加できるような時代になったということです。

ただ、時代の流れと株価は連動しているものですので、現在のような株価が下がる一方である状況のなか、はたして株取引をすることがいいことなのかどうかという面もあるわけです。
最近は金の先物価格が急激に上昇したりしておりますが、やはり株式よりも現物で保有しておくということが一番いいのかもしれません。
そのような判断をするのにも、やはり、実際に株取引をしてみて、日本経済の動向に敏感になっておくことをおすすめします。
インターネット上で取引が完結しますので、時間のある方はリアルタイムでキャピタルゲインを目指すのもよいのではないでしょうか。

インターネット回線に必要なもの

インターネットを利用する際、「ネット回線」と「プロバイダ」が必要です。

ネット回線

ネット回線はコードやケーブルのことですが、光回線や無線回線など種類も様々です。これは物理的なものですので、家に回線が届いていない場合、家まで引いてくる必要があります。NTTやKDDIなど数十社程度が存在します。

もし、自宅まで回線がきていない場合、無線タイプのものを選択されるとよいかもしれません。最近では携帯でもネットができますが、こちらは携帯の無線回線を利用することになります。

このケーブルを通って信号がやりとりされることになりますが、ネット通信だけではなく、電話やテレビなど様々な通信が流れることになります。

例えば、NTT光電話というのは、光ファイバーを利用した電話サービスになりますが、電話通信の情報のやりとりのほか、ネット通信などもやりとりされます。

プロバイダ(ISP)

一方、プロバイダというのはインターネットサービスを提供するものです。インターネット・サービス・プロバイダの略でISPなどとも呼ばれています。ケーブルの回線を提供している会社はNTTなど数十社程度しかありませんが、プロバイダについては数千社はありますので自由に選択することができます。

両方を提供している会社もありますが、別々に契約しても何ら問題ありません。

料金については、自宅にネット回線が引かれていない場合、最初に工事の費用がかかることになります。マンションにお住いの場合、既に回線が引かれていることが多いので確認してみるとよいでしょう。

また、月額利用料についても4,000円程度が一般的です。

一方、ISPについては、月額数百円程度から利用できます。

費用の目安:回線(月4000円程度と初期工事費用)+プロバイダ(月数百円程度)

既に回線が引かれている場合、両方をあわせて、5千円前後のケースが多いですが、光電話などと合わせて利用すると割引になるケースもあります。

ADSLという単語はよく耳にしたことがあるのですが、正直、今まで何のことだかさっぱり分かりませんでした。ネット回線的な何かという認識はあったのですが、今回、新規受け付けが停止になったようなので調べてみたところ、ADSLは電話回線による通信サービスだったようです。

今現在、私は光ファイバー回線によるフレッツ光を利用しているのですが、この光ファイバーが誕生する以前は電話回線によるデータ通信サービスが主流だったようです。

私がはじめてパソコンを使ったのは、windows95の98MATEという機種なのですが、兄が購入してもらったのをおさがりで使い始めたのが一番最初になります。私の記憶が定かならば、当時、インターネットをする際に電話回線につなげて通信していたような気がしております。

その後、このアナログな電話回線を使った通信が拡張され、ISDNやADSLあが出現してきて高速なデータ通信が可能になったというのが流れなのではないでしょうか。

さらにその後は光ファイバー網が整備されてくるに従い、光通信が主流になって現在に至っているものと思われます。

電話回線 → ISDN、ADSL
光回線  → フレッツ光など

現在はほぼ光回線が主流になってきており、ADSLの申込みはほとんどなくなってきているようです。また、最盛期にはNTT東西で568万件あった契約数が、現在では121万件にまで減少してきており、時代にそぐわなくなってきたため、ADSLの新規受け付けは来年の6月から停止することになったようです。

ただ、新規受け付けが停止というだけで、現在ADSLを使っている人が使えなくなるというわけではありません。電話回線網の廃止は2025年ごろを目途にしているようなので、まだしばらくの間はこのまま使用できるはずです。もう使えなくなりますのような勧誘がきた際には、きちんと確認するようにしましょう。